ATOPYxPROBIOTICS

アトピーが消えた結果から遡っていく情報まとめ。乳酸菌をアトピー・アレルギー体質ケアに活かす

アトピー持ちに必要なのは「天然ビオチン」のみ!サプリ選びのポイントを解説

f:id:tommyyoshi-biz:20180727094344p:plain

(最終更新日:2018年11月5日)

 

私のボロボロアトピー肌が良くなったサプリメントのうち、大きなウェイトを占めていたのが「ビオチン」でした。

で、前回の記事では「乳酸菌と一緒にビオチンを飲むべし。」「ビオチンは高含有のアメリカ製のものを選ぶべし。」というお話をしました。

まだの人は前回記事からどうぞ〜 

 

今回は、じゃあ実際にどの会社のビオチンサプリを飲めばいいの?というポイント。

  1. アトピーさんが摂るべきビオチンの種類
  2. それが含まれてるサプリ

についてまとめました。

 

このポイントさえ押さえておけばビオチンサプリ選びがぐっとラクになるはず!!

さっそくご紹介します。

■この記事の目次

 

 

1. ビオチンの種類は2種類

「ビオチン」には、合成成分天然成分があります。

実はこの2つは効果がちょいと違っていて、合成成分はアトピーを改善する効果が天然ほどは期待できない。つまり、飲んでも効果が薄いとされています。

 

ちなみに、↓これは商品詳細ページに「合成」って書いてあります。

 

他社のは合成か天然か不明でした。そういうのとっても困るんですけど!!

じゃあ合成ビオチンはどんな人に効果があるの?というと、髪の毛や爪はある程度は伸びるので美容には合成ビオチンでもOKなようです。

なので美容なら合成でもOK。でもアトピーのような皮膚ボロボロには天然ビオチンがベターというところでしょうか。

 

1.1.「天然ビオチン」じゃないとダメな理由

以下に「天然ビオチン」を使う事の必要性を引用します。

このサイトは私がアトピー改善のために「サプリメント」を摂るようになったきっかけになった「アメリカン・ビタミンショップ」というサイトです。
現在でもサプリメント選びの際に参考にさせていただいてます。感謝。

(以下一部抜粋・編集。)

 

アメリカの医療現場では、症状によって天然ビオチンと合成ビオチンを使い分けています。

アトピーのように角質層が薄く(もしくは異常に分厚く)なるのは、腸内で善玉菌によって作られる天然ビオチンが足らないことが原因です。

皮膚の血流が悪くセラミドの質が落ちて皮膚の構造に問題が起こる場合は、アメリカのアレルギー内科では合成ビオチンは使わないように指示しています。

皮膚の血流が良くならない合成ビオチンでは、皮膚に必要な栄養素が運ばれてこないので、皮膚の構造に問題が生じている体質の場合は弱い皮膚のままなのです。

天然ビオチンは皮膚炎の抑制に働くプロスタグランジンも作りますし、角質層の毛細血管の血流を良くし皮膚や粘膜を健やかで丈夫にしてくれます。

ーー参考元:ビオチン|アメリカンビタミンショップ

ちなみに、↑のお店でも天然ビオチンサプリは売られていますが、価格設定(楽天最安値の2倍)が強気すぎるなので実際に買うのは他所がオススメかなぁ…とブロガーとしてはこっそり思います。

 

1.2. 日本で手に入る「ビオチンサプリ」は6種類

ビオチンサプリは合成・天然を問わなければ、楽天やアマゾンで取り扱っているだけでも4社、7種類。

楽天やアマゾンでは「ビオチンサプリ」と検索すると日本製のものが出てきますが、ビオチンサプリについては日本製は信頼性が低いので絶対スルーしてください

正直、工場の管理体制、品質の安定性がナゾだらけなのでスルーしてください。

 

アトピーのようなモロい皮膚を丈夫にしたいという目的でビオチンを飲む場合、濃度の高いものを摂る必要があるため、歴史があり、品質も保証されている大手メーカーから出ているものを選ぶべきです。

ちなみに私ははじめからアメリカ製の天然ビオチンしか飲んだ事がありませんので、合成のビオチンの効果はわかりません。ごめんなさい。

 

 

 

 

2. 天然ビオチンおすすめ2社!

天然ビオチンと確認できるメーカーの中でオススメできるは「Solaray (ソラレー)」「Thompson (トンプソン)」です。

※他社「Swanson」は合成と記述あり。Now社やNatrol社のものは天然か合成かの明記がなく、確認できませんでした。

 

私はこの2社のものを両方とも飲んでいるので、違いをご説明したいと思います。

 

2.1 「ソラレーのビオチン」の特徴

ソラレー社は、「タイムリリース型」のビオチンサプリを製造しています。

「タイムリリース型」は、カプセルの中が2層に分かれていて、

  1. 飲んですぐ吸収される層
  2. 8時間かけてじっくり吸収される層

になっているので、日中忙しくてなかなかサプリが飲めない人や、夜に飲む場合や、飲み忘れが心配な場合はコチラを迷わず選びましょう。

 

また、以下の点でもオリジナリティがあります。

  • Non-GMO(遺伝子組み替えなし)
  • 100% Vegan仕様

というわけで、ソラレー社のビオチンサプリはビーガンの人、添加物が心配な方にもオススメとなります。

 

f:id:tommyyoshi-biz:20180727100006p:plain

*2018/7/27更新:ソラレー社のサプリは全体的にパッケージがリニューアルされました。

 

特徴:タイムリリース加工のベジカプセル、Non-GMO、100% Vegan

全成分:セルロース、植物性セルロース(カプセル)、ステアリン酸、シリカおよびステアリン酸マグネシウム。 

 

▶︎「ソラレー ビオチン」を楽天で検索

「ソラレー ビオチン」をAmazonで検索

▶︎「ソラレー ビオチン」をiHerbで検索

 

 

お次は「トンプソン社」です。

 

2.2. 「トンプソンのビオチン」の特徴

コチラは普通に溶ける「ノーマルタイプ」です。

天然ビオチンで、1カプセル「5,000mcg」と配合量はソラレーと変わらず。

つまり、この2社のビオチンサプリの大きな違いは、「溶け方」となります。

 

ちなみにトンプソンのビオチンサプリはソラレーのようにVegan仕様などにはなっておらず、カプセル部分に「ゼラチン」が使われています。

ゼラチンの由来動物の種類については触れられておらずアレルギー情報もありませんが、心配な方はソラレー社の方を選ぶと良いでしょう。

後ほど比較しますが、トンプソンの方が安いので、コスト重視の方はトンプソンを選ぶと良いでしょう。

 

f:id:tommyyoshi-biz:20180727101637p:plain

全成分:米粉、ゼラチン(カプセル)、シリカおよびステアリン酸マグネシウム。

 

「トンプソン ビオチン」を楽天で検索

「トンプソン ビオチン」をAmazonで検索

▶︎「トンプソン ビオチン」をiHerbで検索

 

2.3. ソラレー vs トンプソン、価格の比較

2018年11月現在の参考価格では、ソラレー(60粒)が 1,300円前後、トンプソン(60粒) が1,000円前後となり1つのボトルにつき300円程の価格差があります。

 

3. ビオチンの効果的な飲み方をご紹介

ここからはビオチンサプリ歴1年以上になる私の飲み方をご紹介します。

 

3.1. ひどい時に集中して飲む方法

私は、皮膚がもろくなりやすい時期(真夏と真冬)は2つとも常備しておくと、じわじわと調子が上がります。

アトピーなどでお肌を特に強くしたい場合、ビオチンの推奨量は1日あたり15,000mcg〜20,000mcgと言われており、これをカプセルに直すと1日あたり3〜4カプセル飲む計算になります。

  • 朝:トンプソン(ノーマル)x1カプセル
  • 昼:トンプソン(ノーマル)x1カプセル
  • 夜:ソラレー(タイムリリース)x1カプセル

こんな感じで使い分けて飲むようにしています。

毎食後に何かしら飲むので、飲み忘れ防止にもなりますよ!^^

 

 

3.2. 落ち着いたら量を減らす

アトピーが悪化しやすい時期は濃度を高くしますが、肌の状態が良くなってからは1カプセルずつに切り替えていきます。

これはドクターのHPに記載されていたのですが、

1日1回のみビオチンを飲む場合は、ベストタイミングは夕食後です。

朝食までに時間がたっぷりあるので、寝ている間に体にじゅうぶん吸収されるので。

 

ビオチンを飲むとこれでもかって言うほど爪は強くなり、まつ毛は伸びまくり、皮膚もしっとりしてくるので、アトピーが出ていない時でも1日1カプセルは欠かせませんけどね。^^

 

 

最後にビオチンサプリまとめ

もう一度各社のビオチンサプリをまとめておきましょう。

忙しい人、昼に飲めない人、アレルギーが不安な人におすすめ
「ソラレー」(タイムリリース型天然ビオチン)

▶︎「ソラレー ビオチン」楽天で見てみる

▶︎「ソラレー ビオチン」Amazonで見てみる

▶︎「ソラレー ビオチン」iHerbで見てみる

 

費用を抑えたい人、毎食後に飲める人におすすめ

「トンプソン」(ノーマル型天然ビオチン)

「トンプソン ビオチン」楽天で見てみる

「トンプソン ビオチン」Amazonで見てみる

▶︎「トンプソン ビオチン」iHerbで見てみる 

 


サプリについて補足

毎度のことながら、サプリメントを飲んでいくときに注意したいことを最後に添えておきます。

 「サプリは健康食品だから、徐々に変わっていく・・」が基本です。

 

私を含め、アトピーの人は効果を早く求めすぎるってよく言われます。ステロイドや抗生物質じゃないんだから、そんなに早く結果なんて出ないよ。。。って。

ステロイドですら塗り始めてから3日しないと効果を感じない時もありますね。

 

そして、腸内の善玉菌が著しく減っている人の場合はもっと効果が出にくいです。

 

なぜなら、腸の機能が低下しており、上手に栄養素を吸収してくれないから。

 

乳酸菌サプリを飲み始めたときに乳酸菌の効果が現れ始めるのには、一般的には3ヶ月かかると言われていたり、ミネラルサプリを飲んでもいまいち効果が感じられないのはこれが理由と言われています。

 

 

「3ヶ月」は、確かに長過ぎると感じるでしょう。 

 

でも、こう考えてみることにしたら、私は気持ちが楽になりました。

 

「3ヶ月は長いけど、

何もせず3ヶ月過ごすのとは大違い!」

 

アトピーをよくしたいと思ったら、「即動力」「行動力」のバランスが大事なんじゃないかと。

 つまり・・・

 

①行動はすぐ起こす。

②効果はじっくり確認する。

 

これが良い「さじ加減」じゃないかと思うのです。

 

行動はすぐ。効果はじっくり確認。

これができるようになってから、私のアトピーは、少なくとも落屑だの粉吹きだのとは無縁になりました。 

 

アトピーって本当に原因不明だから、自分で情報収集したりどんどん行動していかないと、あっという間に悪化します。

 

日本は空気も水も悪く、気温や湿度の変化も激しい。

都市部やマンションに住んでいるなら水質も悪いです。

 

 

つまり、アトピーの悪化要因が沢山あります。

 

アトピーの悪化因子が身の回りの至る所にあるから、一度アトピーになるとどんどん悪化するしかないんじゃないか?!とさえ思いますよね。

 

食事療法だって何年もかかる。

薬を塗らないと、すぐにぶり返してしまう。

そんなこと考えてるうちに、ステロイド漬け生活から抜け出せないままになっていく。

 

 

だから、これを読んでくださった方には

少なくとも今日から行動してほしいです。

 

 

今もしステロイドを使ってても、いつか減薬するんだ!!!

っていう意気込みが大事です。(いきなりスッパリは絶対ダメですよ。徐々にです)

 

自然療法を推奨するドクターも、適切なステロイドの使用を肯定されています。必要な時は使う。しかしその間にあぐらをかかずに、食事療法・サプリ療法で体質改善に取り組む。体質改善が進んできたら、いやでも減薬できます。

私はそうして、一番酷かった時期はステロイドに助けられましたが、その間に栄養補給や生活習慣を改善することでステロイドを止めることに成功しました。

 

5年前までボロボロで紙切れのような肌だったのに、

今は痒みすら感じることなく、このようにブログを書いているのです。

 

 

つまり、サプリはステロイドを減薬をするうえで非常に重要な役割を担っていくわけです。

だから、今、ステロイドを使っている人にこそサプリをおすすめしたいです。もちろん食事療法も重要というか、それがメイン。

ですが、食事療法だけじゃ何年もかかる。私なんて3年頑張ったけどダメでした。

 

私は医者ではないのであくまで個人的な感想でしかモノを言えないので心苦しいのですが、少なくともこのブログでは、私のアトピーとの闘病の結果をこうしてシェアしていますので。 

 

あ、言い忘れましたが、ビオチンは魔法の薬ではありません。

腸内環境がズタボロだとビオチンを摂っても悪玉菌に食べられてしまい全然効かないこともあるそうなのです。

 

まずは腸内環境ありき

 

ですね。

 

今もし超便秘とか、超下痢体質なら、腸内環境を整えるサプリ(乳酸菌サプリ)を先に飲んでください。

乳酸菌を1日あたり最低1,000億個、欲を言えば5,000億個〜1兆個、摂ってみてください。 

 

ご参考までに私の便秘人生は生まれてすぐに始まりました。未熟児で生まれ、完全ミルク育児だったので便秘し放題でした。

30年以上便秘人生でした。

それを1年で変えたわけです。

 

これってすごくないですか?

 

最近はもう、朝、腸が動く感覚で起きるんですよ。

 

私は変われました。

だから、あなたも変われるはず。

 

私が飲んできた乳酸菌サプリについては、↓↓のカテゴリーでレビューしています。

以下のことが気になる方は、ぜひご覧ください。

  • 便秘気味
  • 下痢気味
  • 特定の食べ物に過敏なときがある
  • 肛門周辺に痒みがある

atopy-probiotics.hatenablog.com

 

参考になりましたら幸いです。