乳酸菌でアトピーを改善、完治させる方法

乳酸菌でアトピーを改善、完治を目指す方法。おすすめサプリメントや食べ物の解説など。

乳酸菌のデメリットと回避する方法《アトピー用の乳酸菌サプリメント》

こんにちは。

前回の記事では、アトピーに良い効果をもたらす種類の乳酸菌と、その乳酸菌を摂れる乳酸菌サプリをご紹介しました。

しかし、乳酸菌の種類はまだ分かっているだけでも100種類以上。
これだけいたら、すべての乳酸菌がアトピー持ちにとって良い効果をもたらしてくれる訳ではないのかも・・・。

そんな風に疑ってしまうのは、私だけではないはず!?

 

ここではアトピー持ちが摂取するのを気をつけるべき乳酸菌の種類について言及したいと思います。

このシリーズを読むと、乳酸菌の働き・種類が理解できます。

特に、こんな事が気になっている方は必見です。

アトピーを改善する効果が期待される乳酸菌の種類を知りたい!

●逆に、アトピーを悪化させるような危険性のある乳酸菌の種類は?

●実際に、アトピー改善効果が期待される乳酸菌を含むサプリはどんなものが市販されてるの

●細菌の乳酸菌サプリは色々ありすぎて正直迷ってしまう。初心者が始めるには結局どれが一番良いのか知りたい

 

さっそく解説します。 

 

アトピー持ちが避けるべき乳酸菌の種類 

ビフィドバクテリアム・インファンティス

f:id:tommyyoshi-biz:20170628122428p:plain

Bifidobacterium Infantis

ビフィズス菌の基準種とされるのが、ビフィドバクテリウム・インファンティスです。

ビフィドバクテリウム・インファンティスの健康効果

ビフィドバクテリウム・インファンティスは、善玉菌として腸内環境を整えることの他、花粉症などのアレルギーを抑制することも可能と言われています。

また、整腸効果により便秘や下痢の改善はもちろんのこと、腸管出血性大腸菌による疾患の予防にも効果的です。ーーフジッコ公式ページより引用

ちなみに、ビフィドバクテリウム・インファンティスは海外でも研究されていて、腸管を修復し消化を助け、ビタミンの吸収を良くする働きが報告されています。

アトピーを始めとするアレルギー症状を患っている人の80%は腸管が傷ついているという研究データもあったのですが(すみません、過去に私が見た事があったのですが、今回は探し出せませんでした。)、

このアレルギー症状などの体の不調の原因である腸管ズタボロ状態を修復してくれる作用がB.インファンティスにはあるということです。

↓下記のサイトを参考にさせていただきました。
英語ですのでご参考までに。

Bifidobacterium infantis: A Healthy Probiotic Strain

Efficacy of an encapsulated probiotic Bifidobacterium infantis 35624 in women with irritable bowel syndrome. - PubMed - NCBI

 

・・と、ここまでは、この「ビフィドバクテリウム・インファンティス」の良い面。
ここから「アトピー持ちの人が気をつけるべき点」を解説します。

いわばこの菌を摂ることのデメリットです。

B.インファンティス 気をつけるべきデメリット

ビフィズス菌は腸内の「ビオチン」を始めとする主要ビタミンをエサにする性質があると言われています。(参考元:重要なサプリメント(8/26) | ドクター牧瀬の「アトピー性皮膚炎の完治を目指して」

上記・ドクター牧瀬は非常に知識の深いお医者様で、私はかなりこのサイトに助けられているのですが、ここに登場する「ビフィズス菌」というのが・・・

B.インファンティスを始めとするビフィドバクテリアム系(ビフィズス菌)系すべてに言える事のようです。

参考までに、ビオチンを始めとするビタミンを菌が取り込み、別のビタミン類を産生したことが明らかになった研究の一部を引用します。

ビフィズス菌(B. infantis、B. breve、B. bifidum、B. longum及びB. adolescentisのすべて)で菌体内にビタミンB1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸(B3)、葉酸(B9)及びビオチン(B7)を蓄積し、菌体外にはビタミンB6、B12及び葉酸を産生した。
ーー参考元:「ヒト由来Bifidobacteriumによるビタミン産生」https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/37/2/37_2_157/_article/-char/ja/

 

ビオチンの重要性

ビオチンの重要性は、ドクター牧瀬のサイトでも詳しく解説されていますが、アトピーを始め皮膚疾患を治すために欠かせないビタミンです。
(参考元:重要なサプリメント(8/26) | ドクター牧瀬の「アトピー性皮膚炎の完治を目指して」

これをB.インファンティスを始めBと名のつく菌は食べてしまうと。
そのため、単なる花粉症などのアレルギー持ちにはメリットが多いのですが、ことアトピーとは相性が悪いということが分かります。 

ビフィズス菌のデメリットの回避方法

ただでさえビオチンが不足しがちなアトピー肌。

それを治したいのに、ビオチンを余計に消費してしまうビフィズス菌はなるべく摂りたくない・・・・

とはいえ、やっぱり腸内環境が悪い状態から始めるなら、十数種類の乳酸菌の入ったサプリの方が効果は出やすい・・・。

実際、乳酸菌は種類が多ければ多い程効果を実感しやすいのも事実ですので、このような悩み、私もありました。

そこで、ビフィズス菌を飲むことのデメリットを解消する方法を考えてみました。

それに、ビフィズス菌がビタミンをエサにして活動が活性化するなら、それでもいいじゃないか?!と。

なんなら、ビフィズス菌のためにビタミンを多く摂ってあげようじゃないか?!と。

 

ということで、このようなビフィズス菌の入ったサプリを飲む場合は、乳酸菌サプリとは別にビオチンのサプリを飲むことでビオチン不足を予防しましょう

ビフィズス菌系は、一般のサプリにも食品にも含まれてるんだからそれを100%回避するのは無理な話・・・(アレルナイトプラスとアレルケアはラクトバチルスのみ含有してるので別ね)

ビオチンのサプリの必要量についてはドクター牧瀬のサイトが分かりやすいので、ぜひ参照してみてくださいね。

 

ちなみに私は1カプセル5000μgのものを1日1回〜2回ほど飲んでいます。

授乳中ですが、1日あたり10,000μgなら問題なく、水溶性で余った分は尿として排泄されると言われています。(ただし妊娠中や気になる方は医師に相談すること!)

 

飲み続けると肌が強くなるのを実感し、ささくれも無くなり、爪もかなり頑丈になります。
もうかれこれ半年以上は続けています。

ちなみに、ビオチンは乳幼児では特に欠乏しやすい(母乳やミルクにあまり含まれていない)と言われていて、小児アトピーにビオチンを処方するだけで寛解するケースもあるそうです。(近所の皮膚科医師・談)

 

ビフィズス菌がダメなら、何が良いのか?

ここで軽くおさらいですが、乳酸菌には大きく分けて2つの種類があります。混同しがちな情報なので整理しましょう。

総称:「乳酸菌」には2つの種類。

そのうち、1つがビフィズス菌。もう1つがラクトバチルスと呼ばれる分類。

成分表示などでは、ビフィズス菌系はB.xxx、ラクトバチルス系はL.xxxと記載されています。

 

ラクトバチルス系の菌は酸に強く、生きたまま腸に届きやすいという性質を持ちます。前回の記事でご紹介した、アトピーに良い効果をもたらしてくれる「ラクトバチルス・アシドフィルス」もこの種類です。

その他にも、ラクトバチルスは乳酸を産生したりとビフィズス菌とは少し違った働きをしたり、棲み付く場所が違ったり、多種多様です。

管理人もラクトバチルスがお気に入りで、体にも合ってるかな〜と。

愛飲中のアレルナイトプラスにもラクトバチルスが大量に入ってて、効果を感じてるので、そのせいもあるかな。

 

菌についてもっと詳しく知りたい場合はWikipediaへどうぞ♪ 結構詳しく書いてあり、勉強になりますよ〜!

ただしWikipediaは匿名の個人が編集しているため、情報の整合性については曖昧ですから、その程度の情報として参考にされるのが良いかと思います。

 

まとめ&ポイント

これから乳酸菌サプリでアトピーを改善したい!と思っているなら、このポイントだけ押さえておけば間違いない筈です。

①ビフィズス菌単体の摂取は避ける

②ラクトバチルス種を積極的に摂取する

③沢山の種類の乳酸菌が入っているサプリを使う際は、ビオチンサプリを併用する

④ビオチンは1日あたり5,000μg以上が目安

 

参考になりましたら幸いです★