乳酸菌でアトピーを改善、完治させる方法

乳酸菌でアトピーを改善、完治を目指す方法。おすすめサプリメントや食べ物の解説など。

乳酸菌サプリの種類まとめ《アトピー用の乳酸菌サプリメント》

私はかれこれ半年以上にわたって、アトピー改善のために乳酸菌サプリメントを摂取しています。

毎日欠かさず飲んでいるおかげか、基本的に「便秘」という言葉とは無縁になりました。

アトピーになる前は酷い便秘で、1週間なんてザラでしたから、ものすごい進歩です。

 

おかげさまで、毎朝スッキリで体重もスッキリ。ちょっと羽目を外したときでも、昼食後にはお通じがあります。

また、10年くらい前から悩まされていた「カンジダ菌」のトラブルからも解放され、乳酸菌のパワーを余すところなく実感しています。

「カンジダ菌」=カビ菌の一種。真菌。最近の研究で解明されてきましたが、アトピーを始めとするアレルギーとカンジダ菌は切っても切れない関係にあると言われています。カンジダ菌を抑制する効果のある乳酸菌の種類についても、このシリーズ内で言及します。 

 

今回はそんなパワフル・チェケラッチョな乳酸菌サプリメントのアトピーの改善効果についてまとめます。

かなり深い話になり、長くなってしまうため、何度かに分けてお伝えしていきたいと思いますので、是非ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

 

このシリーズを読むと、乳酸菌の働き・種類が理解できます。

特に、こんな事が気になっている方は必見です。

アトピーを改善する効果が期待される乳酸菌の種類を知りたい!

●逆に、アトピーを悪化させるような危険性のある乳酸菌の種類は?

●実際に、アトピー改善効果が期待される乳酸菌を含むサプリはどんなものが市販されてるの

細菌の乳酸菌サプリは色々ありすぎて正直迷ってしまう。初心者が始めるには結局どれが一番良いのか知りたい! 

 

それでは早速始めましょう。

まずは「乳酸菌の種類のまとめ」から。

 

f:id:tommyyoshi-biz:20170614135607p:plain

参考元:ヤクルト中央研究所「菌の図鑑」

乳酸菌は大きく分けて2種類

乳酸菌は、糖分を分解して「乳酸」を作り出す「微生物」のことを言います。
人間や動物の腸内、牛乳や乳製品、漬け物などの発酵食品にも存在しています。
また、最近の研究では人間の皮膚の表面にも存在し、皮膚のバリア機能をコントロールしていると言う事が分かってきました。

乳酸菌はその形状から分けて大きく2種類あります。
①棒状または円柱状の「桿菌」
②球状の「球菌」(繋がっている場合もある)

このうち、①の「桿菌」タイプが、アトピーやぜんそくなどのアレルギー症状に比較的強いという説が有力になりつつあります。詳しくは後ほどご説明します。

まずは乳酸菌=善玉菌の一つと考えてOK

私たちの腸内には、大きく分けると3種類の働きをする微生物が棲んでいます。

①身体によい作用をもたらす微生物=「善玉菌(ぜんだまきん)」
②毒素を作り出す、有害な微生物=「悪玉菌(あくだまきん)」
③形勢有利な方に付く日和見菌(ひよりみきん)

乳酸菌はビフィズス菌と並ぶ善玉菌の一つ。

これらの「身体によい菌」やその菌を含む「食品」が、一般的に「プロバイオティクス」と呼ばれています。

あなたの腸内で、激しい攻防戦?!

善玉菌、悪玉菌、日和見菌。
これらの微生物は、私たちの腸内で毎日陣取り合戦を繰り広げています。

実は、腸内の数でいうと善玉菌と悪玉菌はどちらも少数派と考えられています。

腸内の細菌数の相対値でいうと、お互いの勢力が拮抗している時は、

善玉菌=1.5 : 1.5=悪玉菌で、残りの「7」はすべて日和見菌であると言われています。

↓お手製で恐縮ですが、分かりやすいように絵を描いてみました。

f:id:tommyyoshi-biz:20170619110117p:plain

一番左は、お互いの勢力が拮抗しているとき。
日和見菌は、どちらに見方しようかな〜?と考えている感じですね。
実際の日和見菌はどんなことを考えているのか・・分かりませんが、あくまでイメージということで(^^♪

そして、真ん中のように、
食生活や生活習慣をよくして善玉菌がひとたび優勢になると、日和見菌は善玉菌に見方をし、悪玉菌を動けなくしてくれます。(=悪玉菌抑制効果

ところが、一番右のように、
偏った食生活、不摂生をして悪玉菌が優勢になってしまうと、日和見菌は悪玉菌に見方し、善玉菌を押さえつけてしまいます

悪玉菌が悪いとされている理由

悪玉菌がどう悪いかというと、悪玉菌は毒素を発生したり、カンジダ菌(カビ菌)などとも結託し、腸壁を傷つけてしまいます。

腸壁が傷つくと、穴が空きます。その穴から、いつもなら吸収されずに腸内で分解・無毒化されるはずの未分解のタンパク質(アレルゲンとなる)などが血中へ侵入してしまい、血流に乗って体の様々な部位に到達してしまいます。

そこで、体の不調が起きやすい部位に溜まって、炎症を起こします。

鼻が悪ければ副鼻腔炎、花粉症、そして、、

肌が弱ければ、アトピー性皮膚炎、、

といったように、様々な病体として現れます。

 

このように、偏った食生活や運動不足などの不摂生によって悪玉菌が優勢になってしまうと、ただ単に便秘になってしまうだけでなく、アトピーや花粉症などのアレルギー症状、しつこい肌荒れ、乾燥肌など、お肌の健康にも影響が現れてくるようになります。

乳酸菌のもたらす「プロバイオティクス効果」とは?

乳酸菌のプロバイオティクス効果には、大量の乳酸を作りだすことで腸の中を酸性にします。

乳酸菌が作り出す酸性の環境下では悪玉菌が繁殖しずらくなり、動きを弱められます。

その結果、腸内環境が整うという事が研究で分かっています。

こうした健康的な腸内環境のもと、腸壁が修復され、必須栄養素などもきちんと吸収できるようになり、その結果、便秘や下痢の改善、免疫力アップ、アレルギー抑制効果など、さまざまな効果をもたらしてくれるというわけ。

 

・・・ここまでは、すでにTVや雑誌などでもおなじみの情報ですよね。

けれど、このサイトに訪問してくれている方はそんな情報が必要なだけではありませんよね?

アトピーを治すために、私が何を使って、どう改善したか?どんな乳酸菌サプリがおすすめなのか?

ですよね。

 

医薬品レベルから健康食品、サプリメントまで、数多くある乳酸菌含有アイテムの中から、

アトピーに悩んでいる人が、実際にどんな乳酸菌サプリメントを摂るべきなのか?

私のひどかった便秘がスッキリ改善したケースを交えて、次の記事でガッツリ解説していきたいと思います!