乳酸菌でアトピーを改善、完治させる方法

乳酸菌でアトピーを改善、完治を目指す方法。おすすめサプリメントや食べ物の解説など。

【乳酸菌飲料】手軽さ重視のあなたのための「ヤクルト・ピルクルの機能・乳酸菌量」徹底比較!

f:id:tommyyoshi-biz:20170529114132j:plain

 

前回の記事ではヨーグルトに含まれる乳酸菌と、取るべき乳酸菌の種類をまとめました。

 

でも、

  • サプリは値段が高いのがイヤ とか、
  • 定期便にするのが面倒 とか、
  • ちょっとした乳酸菌食品から始めたいんだけど・・?

という人もいらっしゃるかと思います。(^^)v

 

前回もお伝えした通り、

菌の種類を間違えるとアレルギーが悪化するリスクがあったり、

ヨーグルトは商品の原材料によってはアトピーが悪化してしまうリスクも懸念される点があるので基本的には注意してほしいんですけど、

ただ、これは提唱する側の人間によってもかなり大きく変わってしまうのが事実です。

 

研究って本当に表裏一体で、

ある論文では 「ヨーグルトがいい!」って言ってるけど

他の論文では「人種によって違う!」って主張していたり・・・

調べれば調べるほど、ドツボにハマっていきます。

 

つまり研究結果というのはあくまで一例で、どんな数値でも引き出せるものですから、

私たち一般消費者が心がけたいのは

デメリットや反対意見も理解したうえで、自分が何を選択するか?を考えてから決めること。

 

このスタンスさえ持っておけば、思わぬトラブルがあっても落ち着いて対処できるかと思います。アトピーメンタル的な話になってしまい恐縮ですが、やっぱり自己管理の一貫ですからね♪^^

 

さて、前置きが長くなりましたが、

今回はピルクルやヤクルトの機能を比較していきます。

 

手軽さ重視のアナタにおすすめなので、ぜひチェックしてください♪

 

補足)まずはじめに・・・

まず始めにお断りしておきたいのですが、

私はサプリを第一選択肢としています

理由は、「乳酸菌を効率よく摂りたい!」という考えが根底にあるから。
(あくまで個人的な意見ですよ♪)

 

もっと詳しく言うと、

サプリは品質が安定しており、「乳酸菌が200億個入っている」という表示があれば基本的に200億個入っているものだから

ということも理由の1つ。

また、食べ合わせによる栄養素の吸収阻害などのデメリットも回避できます。

食品は製造行程や保存、保管状況によって個体差が大きく異なる可能性がありますからね。

とはいえ、サプリは飲みにくかったり、薬っぽいのが苦手・・・という人もいらっしゃるかと思いますので、そういう場合はトクホ(特定保健用食品)製品がいいんじゃないかな〜と思ってはいます。

 

また、アトピーがすでに結構ひどい状態なら、こっちの記事をちゃんと読むべきかと思います。(結論としては、ヤクルト・ピルクルは飲むべきじゃないという主旨です)

 

atopy-probiotics.hatenablog.com

 

すみません、お待たせしました!

では、ヤクルト・ピルクルについて、さっそく。

■目次 

 

1. 基本、トクホっていいよね。

特定保健用食品(トクホ)の「ピルクル」や「ヤクルト」などには、場合によってはサプリを越えるメリットがあるかもと思います。

  1. 菌種がしっかり明記されている
  2. 菌の数が多い

この2点が最大のメリットですね〜。

これがトクホ!

正直、トクホの認定をもらうにはそれほど多大な努力が必要なわけではないようなのですが、まああるのとないのとではきっと多少なりとも差があるかと思います。^^

 

2. ピルクルとヤクルト、比較

ここで、ピルクル&ヤクルトの違いを比較しましょう!

  ヤクルト ピルクル
乳酸菌の種類 乳酸菌 シロタ株
(L.カゼイ YIT 9029)
カゼイ菌 (NY1301株)
乳酸菌の量 400億個 150億個以上
保険機能食品 特定保健用食品 特定保健用食品
商品カテゴリー 乳製品乳酸菌飲料 乳製品乳酸菌飲料

原材料

ぶどう糖果糖液糖、砂糖、脱脂粉乳、香料 砂糖、ぶどう糖果糖液糖、脱脂粉乳、香料
内容量 80ml 65ml
メーカー希望価格 80円 オープン価格
スーパー実勢価格
(10本入)
300円前後 200〜250円
1本あたりのコスト 30円前後 20〜25円

※ピルクルは日清ヨーク、ヤクルトはヤクルトの公式サイトより引用させていただきました。
※スーパー実勢価格は、私の近所のスーパー(関東圏)の4社の平均値です。
 お住まいの地域によっては価格に差が生じることがあります。

 

2.1. 比較表からわかることは・・

たとえば、我が家で家族みんなで愛飲している「ピルクル」。

ピルクル1本は65mlなのですが、1本あたりに含まれる乳酸菌Lactobacillus casei (ラクトバチルス・カゼイ)150億個と、ちょっとした安物サプリに匹敵する多さです。

 

そして「ヤクルト」はさらにその上。

ピルクルと同じラクトバチルス・カゼイ(ちょっと種類が違いまして、「シロタ株」と呼ばれていますが、機能の比較は調べきれませんでした)が含まれています。

ただその数がすごく多いんです。

 

実は、ヤクルトに含まれる乳酸菌は400億個です。

ピルクルが150億個なので、

ヤクルトはピルクルの2.3倍の乳酸菌数!!

 

つまり、メチャ多い!!

 

ということが分かりますね。^^

 

2.2. サプリと比較してみても、スゴイぞヤクルトよ。

たとえばカルピスの「アレルケア」という乳酸菌サプリは「ラクトバチルス・アシドフィルス」を200億個含むのですが、単純に乳酸菌の数だけで比べてみると

ヤクルトの方が2倍の乳酸菌が摂れるというのです。

 

 

 

 

3. 乳酸菌飲料のメリット

これらの乳酸菌飲料には、ランニングコストが安いという点もメリットもありますね。

ピルクルは10本入りで200円〜250円ですから、1日あたり20円〜25円

ヤクルトは10本入りで300円近くしますから、1日あたり30円

 

つまり、

ヤクルトを毎日飲んだとしても、

1ヶ月あたりのコストはたったの「900円!」となります。

 

一方、

サプリのアレルケアは1ヶ月で2,100円(子供用は飲みやすいチュアブルタイプで3,150円します)。

 

コスパの違いは、火を見るよりも明らかですね。

 

4. コスパ最強だから乳酸菌飲料だけでよくない?ってあえてツッコんでみる

というわけで、意外とコスパ最強な乳酸菌飲料。

こんなに多く乳酸菌が摂れるなら、サプリに取って代わる事ができるんじゃないか?と思いますよね。

 

しっか〜し。

そういう事はあまり考えない方が無難そうです。。

 

圧倒的な効果によって

アトピーを1日も早く完治させたい!

 

って人には不向きです

理由は別のページでご説明していますが、食品はあくまで食品なんです。

いくらトクホでもね。

 

ヤクルトやピルクルは、

あくまで今そこそこ健康な人が「健康増進」のためにたまに飲むならいいんじゃない♪

っていうレベルです。

 

だから、冒頭でも触れていますが、

「今すでに病気で、それを治したい」とか、

「しつこい便秘を解消したい」っていう人が飲むシロモノじゃないです。

 

その理由は、こちらのページで解説してますので、ぜひ読んでみてください。

atopy-probiotics.hatenablog.com

 

では、今日はこんなところで。

今日もお読みくださりありがとうございました!!

o(^-^)o