乳酸菌でアトピーを改善、完治させる方法

乳酸菌でアトピーを改善、完治を目指す方法。おすすめサプリメントや食べ物の解説など。

ヤクルト・ピルクルなどの乳酸菌飲料の機能と飲み方・総まとめ

f:id:tommyyoshi-biz:20170529114132j:plain

さて、前回の記事ではヨーグルトに含まれる乳酸菌と、取るべき乳酸菌の種類をまとめました。

でも、サプリは高価だったり定期便にするのが面倒とか、ちょっとした乳酸菌、、できれば食品から始めたいんだけど・・?
という人もいるかと思います。

前回もお伝えした通り、菌の種類を間違えるとアレルギーが悪化するリスクもあるし、ヨーグルトには健康被害も懸念される点があります。

ただ、これは提唱する側の人間の考え方によってもかなり大きく変わってしまうのが事実です。

研究結果というのはあくまで一例で、どんな数値でも引き出せるものという事をきちんと理解しておきましょう。

そういったデメリットや反対意見も理解したうえで、自分が何を採用するかを考えて決めると、思わぬトラブルがあっても落ち着いて対処できるかと思います。

 

さて、今回は「ラクトバチルス・パラカゼイ」もしくは「ラクトバチルス・カゼイ」の摂れる食品をリストアップしていきます。

ピルクルやヤクルトなどのトクホが気になっている人は、参考にしていただけると良いかと思います♪

■目次 

サプリよりもっと手軽に、市販で乳酸菌を摂りたいならコレ!

サプリがイヤならトクホ

まず始めにお断りしておきたいのですが、基本的に、乳酸菌を効率よく摂りたいという考えのもと、私はサプリを第一選択肢としています。(あくまで個人的な意見ですよ♪)

私がサプリを基本としている理由は、
サプリは品質が安定しており、「乳酸菌が200億個入っている」という表示があれば基本的に200億個入っているものだからです。

また、食べ合わせによる栄養素の吸収阻害などのデメリットも回避できます。

 一方、食品は製造行程や保存、保管状況によって個体差が大きく異なる可能性があります。

ただ、サプリは飲みにくかったり、薬っぽいのが苦手・・・という場合は、トクホ(特定保健用食品)製品をおすすめします。

トクホについては、機能や成分がきちんと認められているので、食品に何かしらの健康増幅を求めているならトクホ製品を選びましょう。

 

ピルクルとヤクルトの違いは何だろう?

ピルクルとヤクルト、比較してみた

特定保健用食品(トクホ)の「ピルクル」や「ヤクルト」などには、場合によってはサプリを越えるメリットがあります。

菌種がしっかり明記されている
②菌の数が多い

この2点が最大のメリットですね〜。これがトクホ!

ここで、ざっとピルクル&ヤクルトの違いを比較しましょう!

ヤクルトとピルクルの比較表
  ヤクルト ピルクル
乳酸菌の種類 乳酸菌 シロタ株
(L.カゼイ YIT 9029)
カゼイ菌 (NY1301株)
乳酸菌の量 400億個 150億個以上
保険機能食品 特定保健用食品 特定保健用食品
商品カテゴリー 乳製品乳酸菌飲料 乳製品乳酸菌飲料

原材料

ぶどう糖果糖液糖、砂糖、脱脂粉乳、香料 砂糖、ぶどう糖果糖液糖、脱脂粉乳、香料
内容量 80ml 65ml
メーカー希望価格 80円 オープン価格
スーパー実勢価格
(10本入)
300円前後 200〜250円
1本あたりのコスト 30円前後 20〜25円

※ピルクルは日清ヨーク、ヤクルトはヤクルトの公式サイトより引用させていただきました。
※スーパー実勢価格は、私の近所のスーパー(関東圏)の4社の平均値です。
 お住まいの地域によっては価格に差が生じることがあります。

比較表からわかることは・・

たとえば、我が家で家族みんなで愛飲している「ピルクル」。

ピルクル1本は65mlなのですが、1本あたりに含まれる乳酸菌Lactobacillus casei (ラクトバチルス・カゼイ)」150億個と、サプリに匹敵する多さです。

「ヤクルト」はさらにその上。ピルクルと同じラクトバチルス・カゼイ(ちょっと種類が違いまして、「シロタ株」と呼ばれていますが、機能の比較は調べきれませんでした)で、実はヤクルトの方が400億個で、ピルクルの2.3倍の乳酸菌数!! メチャ多い!!

前述した、「カルピスのアレルケア」というサプリは「ラクトバチルス・アシドフィルス」を200億個含むので、ヤクルトの方が2倍の乳酸菌が摂れるというのです。

 

乳酸菌飲料のメリット

これらの乳酸菌飲料には、ランニングコストが安いという点もメリットもあります。

ピルクルは10本入りで200円〜250円ですから、1日あたり20円〜25円です。

ヤクルトは10本入りで300円近くしますから、1日あたり30円ですね。
ヤクルトを毎日飲んだとして、1ヶ月で900円です。

一方、サプリのアレルケアは1ヶ月で2,100円(子供用は飲みやすいチュアブルタイプで3,150円)なので、値段は2分の1以下です。

 

コスパ最強だから乳酸菌飲料だけでよくない?っていうツッコミ

表でまとめたとおり、意外とコスパ最強な乳酸菌飲料。

こんなに多く乳酸菌が摂れるなら、サプリに取って代わる事ができるんじゃないか?と思いますよね?

しっか〜し。

そういう事はあまり考えない方が無難そうです。。

圧倒的な改善効果によって
アトピーを1日も早く完治させたい!

って人には不向きなんですよ。

 

理由は、効果が不確実だからです。 

不確実とはどういうことか?というと、、、

乳酸菌の数が本当に多いのか?配合されてる乳酸菌が口から入って、どの位の数が腸内に到達するのか?が不確実なのです。

サプリはコーティングされていて腸に確実に届く一方、乳酸菌飲料は食品です。

食品に含まれる栄養素がどの程度腸内まで届くのかは保証されておらず、未知数です。

比較表に引用させていただきましたが、ピルクルのメーカーである日清ヨークも、配合している乳酸菌が150億個以上とちょっと曖昧な表現・・・

 

いや、「以下」でないんだから良いんですけどね!
でも、以上の可能性があれば、以下の可能性だってあるんじゃないでしょうか
(↑クレームを良いたいわけじゃないですよ?)

 

でも、食品だからね。しかも、発酵食品。
150億個入っているはずなのに、スーパーで買って車内で放置し、商品が保存温度である10度を超えてしまって、常温に近づいたせいで、家に着く頃には菌の殆どが死んでしまっていたりするんじゃないかな・・?

あと、空腹時に飲んだらほとんど胃酸にやられて死ぬっていうウワサは、割とマジな話です。
・・・なんてこともリスクとしては挙げられるわけですね。

だから、あくまでもジュース代わり、食後のデザート代わりにピルクルやヤクルトを飲む、というスタンスでいた方が良いかもしれないと私は個人的に思っています。

また、発酵してあるとはいえ、乳製品なので、消化機能の未完全な乳幼児が毎日飲み続けると食物アレルギーを引き起こす可能性もゼロとは言い切れないです。

 

 乳酸菌飲料のデメリット

コスト良し、機能良しの乳酸菌飲料ですが、一方、気をつけたいのは、糖分の高さです。
原材料のリストの一番始めに砂糖、ぶどう糖果糖液と記されています。
原材料のリストは多い順に記されるというルールがありますから、つまり・・

ピルクル、ヤクルトは糖分がとても高い!!

 

姉妹サイトの食事療法でもまとめている通り、
砂糖由来の糖分は腸内の悪玉菌を活発にしてしまうため、ピルクルのような乳酸菌飲料に含まれている糖分が腸内の悪玉菌のエサになってしまうのではないか?と心配な部分もあるのです。

ですので、「プリンやアイスを食べるよりはマシかな?」と、ちょっと言い訳しつつ、、ストレスなく食事コントロールするのが吉かな?と思います。
実際、私自身がそうです。。

食後に甘いもの欲しくなったらピルクル飲む、くらいのノリで臨んだ方が身のためです。

 

私が乳酸菌サプリに追加してピルクル飲んでるワケ

はっきりいって、ピルクル推しな私です。
なぜ乳酸菌が2.5倍のヤクルトにしないのか?っていう理由はひとえに、毎日のランニングコストです。

本当はヤクルトにしたいんですよ?私だって。
でも、他のサプリにもお金をかけたいので、ピルクルにしてます

我が家は私たち夫婦と、息子と娘にも半分ずつ飲ませてるので、1日3本消費します。
近所のスーパーでピルクルは185円で、ヤクルト(295円)の6割前後の値段で買えるわけです。

1日あたり、ピルクル3本で1日55.5円。ヤクルト3本で88.5円。
1日あたりの差額は33円です。
これを1ヶ月あたりの差額に直すと990円。

この差額だけでカルピスのアレルケア半月分(1ヶ月あたり2100円)が買える計算になります。
それなら飲むのはピルクルで、アレルケアも買った方が菌の種類のバランスも摂れるしよくないですか? 

ま、含まれている乳酸菌の量と比較するならばヤクルトのほうがコスパは良い。

ですけど、乳酸菌飲料はトクホとはいえあくまで食品なので、あんまり厳密に選んでないです正直。

 

長くなったのでまとめ

乳酸菌は種類が多ければ多い程、量が多ければ多い程、よく働いてくれる「相乗効果」が期待されるそうです。その名の通り、合わせ技が効果をより高めてくれます。

最後になりますが、私が実践している乳酸菌の摂取方法と、含んでいる乳酸菌の量をまとめておきます。

●「マルチドフィルス」(200億個):腸内環境改善

●「アレルケア」(200億個):アレルギー改善

●「ピルクル」で(150億個以上):腸内環境改善

●子供にだけ、虫歯予防&おなかケアの乳酸菌のタブレット(150億個)

 

用途によって使い分けていますが、調子が悪くなりそうなときは、全部飲んでみたりしています。

おかげさまで30ウン年つきあった便秘とサヨナラでき、毎朝快腸です。

これはウソでもデタラメでもなく、事実です。ここまでくるのに半年かかりましたが・・。

ちなみに、私は2〜3ヶ月続けてみて効果があまりなければ、違うものを試すようにしてます。アレルケアはそろそろ判定期に入るころです。
一番効果が早かったのが「マルチドフィルス」というサプリです。私の便秘には、2週間ぐらいで効果が出たかな?

参考になりましたら幸いです♪

さいごに

私は、奮闘記ブログも運営してるんですが、そこで直接ご質問メッセージをいただいたのでシェアしますと:

●もっともっと改善効果が欲しい!

●1日でも早くアトピーとオサラバしたい!

●お金がかかってもいいから早く自由で健康的な日々を取り戻したい!

というアトピー完治に闘志を燃やしている人が仮にいるとして、そんな人に特におすすめするとするなら何がいいですか?という質問だったのですが、、、
私ならカルピスアレルケア乳酸菌革命 アレルナイトプラス でしょうかね〜。

 

アレルケアは「L-92 (ラクトバチルス・アシドフィルス。カンジダ菌強力にやっつける)」1種類だけを200億個配合しています。
1ヶ月あたり2,100円。定期便にするとちょっと安くなります。

乳酸菌革命 は16種類の乳酸菌(ビフィズス系とラクトバチルス系)500億個配合してます。どの菌が何個、と明記されていないので玉にキズだけど、乳酸菌は種類が多ければ多い程相乗効果があるので良しとする。
1ヶ月あたり3,000円。定期便にすると2,730円とちょっと安くなります。

アレルナイトプラス は、これも明確な菌の名前がないのですが、「ラクトバチルス種」を1,000億個配合しています。
定期便にすると1ヶ月あたり5,000円くらいで、単発注文だと9,000円とスゲー高い。(@Д@;;;
ただ、アレルナイトプラスは皮膚の修復に欠かせずアトピーさんが不足しがちなビオチンやパントテン酸、夜の眠りをサポートするギャバやグリシンが含まれていて、あれこれサプリを飲むよりも効率的・効果的・しかも確実にお得。
個人的な体験談ですが、アレルナイトプラスで私は3年続いた主婦湿疹が1ヶ月強で治ってます。

 

この「ぜったいアトピー完治に燃えてる人」は1日も早いアトピー完治を目標にしてるんだから、アレルナイトプラスを試してみればいいんじゃないかと思います。

というのも、腸内環境改善の最短の道は「1日あたりの乳酸菌が500億個〜1,000億個も必要」という研究結果もあるんで、今アトピーが重症化してるんなら、このぐらいかけてもいいのかもしれないね。

アレルケアは私には徐々にしか効果がなく、アトピー悪化を防ぐことができなかったのですが、子供には効果が出て来ています。だから、子供には服用を続けさせようと考えてます。

最近は肥満を治してくれたり、花粉症を治してくれたり、善玉菌はひっぱりだこで大忙しですね〜(@@;;

 

今日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

 

夜かゆみで眠れない人は、是非見てみてくださいね。

管理人は乳酸菌の整腸効果と、ハーブの安眠効果で、気持ちのよい朝を迎えています。